3beb65fe.JPG日本でもインフルエンザ罹患した人が増え続けていますね。大阪ではマスクも品薄でなかなか手に入らないんだとか。実際はマスクも病院なんかで使っている専用のもの以外は、どれだけ効果があるかわからないらしいですね。
それならいっそのこと、街中や人ごみのなかに出るときは常に酒を飲んで酔っ払っているか、二日酔い状態にしておくのはどうでしょう?呼気に含まれるアルコールで常に消毒しながら歩いているようなものなのでマスクなんかよりも効果的にインフルエンザを防げると思いますが。

飛行機の中で飲み続けることは言うに及ばず、朝、出勤前にもワンカップをキューっと一杯引っ掛けてから通勤電車に乗る。帰りもタイムカードを押す前に缶ビールのロング缶をグビっとやって帰ればいいんです。

さらに日中も商談やらなんやで人と会わなければならない人は、つねにアルコールが体内から抜けないように注意して酔いがさめてきそうになったら日本酒でもワインでもなんでもいいのでジャブジャブ飲む必要があります。

多少仕事がぐずぐずになるかもしれませんが、どうせ普段からたいした仕事もしていないんでしょうからせめてインフルエンザの蔓延をふせぐのに協力したほうが、よっぽど世のため人のためというもんです。

もちろん、子供達も学級閉鎖するぐらいなら給食に缶チューハイを出しましょう。ドイツでは離乳食がわりにビールを飲ませるらしいですからおそらく問題はありません。

というわけで、自分も今日からさっそく実践したいと思います!