128ed9cc.jpgカトリーヌに台風14号と世界中、どうなっているんでしょうか?

地球温暖化と関係あるという学者もいるようですが、実際はその因果関係とかもよくわかっていないようです。

多くの死者がでて、それぞれ大きな被害を出しているのに、こんなことを言うと「不謹慎だ」とお怒りを受けそうですが、子供のころからなぜか台風がくると、ワクワクしてしまいます。
「台風がくる!」といって、雨戸に釘を打ち付けたり、大人が緊張した面持ちで慌しく動いているのをみて、普通じゃない状況が来るということにムショウに興奮しました。

アドレナリンがちびちびと染み出してくる、あの感じがたまりません。

そういえば、ゴジラなんかに代表される、主役なのに日本中めちゃめちゃにしてしまうという怪獣映画がウケるのは、台風といっしょで、普通じゃない状況に興奮するからだと思います。そういえばゴジラも台風も“上陸”といいますし、何回被害にあっても有効な対策をしていないところも、なんか似ています。

ところで、台風や自然災害のときに活躍しているのが自衛隊。

憲法九条死守なんて、いまだに寝ぼけたこと言ってるつぶれかけの政党もありますが、こんなにお世話になっているんだから、さっさと改正して日本軍にしたほうがいいんじゃないかと思います。

たとえば、今のどっちつかずの状態では法整備ができないので、災害にしてもどっかの国が攻めてきても、何の権限もないので、俊敏に動けないということです。

現に阪神淡路大震災のときも、村山総理が老人性痴呆かなんかで出動要請しなかったから、初動が遅れて大問題になっていました。極端な話、目の前に溺れている人がいても現行の法律では自衛隊の判断では助けることができないそうです。

パトカーのように、サイレンを鳴らしてスピードオーバーや信号無視してもいいという法律もないので、そんなことしたら、おまわりさんに捕まってしまいます。そんな馬鹿なとお思いでしょうが、実際、阪神のときは高速道路で料金を請求されて、隊員が自分の財布から払ったそうです。

有事でも、赤信号で信号待ちする戦車・・・・
笑えない話と思いません??