heavysnowker

スノーボードコラム | 読むだけで信じられない大金があなたのモノになる!!スノーボード界に奇跡を巻き起こす衝撃のミニコラム登場!!!

    ハロルド・ミヤモトの「電動スケベ椅子」

    ハロルド・ミヤモトの「電動スケベ椅子」タイトルロゴ画像

    drPutin
    天空に二つの極星あり。森羅万象二極一対、男と女、陰と陽、仁王像の阿と吽。そして人もまたしかり・・・

    カンさんの不信任案も否決され、オザワさんはばっくれ、原発おやじの石川迪夫は放言しまくりと明るい話題の少ない昨今ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

    続きを読むボタン画像

    DSC00258_2いつもご覧いただきありがとうございます、ハロルド・ミヤモトです。震災の被害にあわれた地域の方々には心からお見舞い申し上げます。また被災地のみなさまが一日も早くいつもどおりの生活に戻ることができるように祈念しております。

    さて、東日本はえらいことになっていますが、震災が起こってから色々とナマの情報を知りたいと思って今まで手をつけていなかったTwitterをやってみました。

    続きを読むボタン画像

    kj12写真はSB界の哀川翔と木村カエラ

    先日SBJと、Inter Styleという来年のスノーボードや横乗りスポーツの展示会がありました。

    一般的には「これからガンガン滑るでしょ!」という時期にもう来シーズンの話をしなければならないのも、なんだかな〜と思いますがそんな事を言っていても始まらないので今年も参加してきました。

    続きを読むボタン画像

    賀正2011_2
    「明けましておめでとうございます」というコラムを書こうと思ったら、もう1月も終わりとは! 歳とともに時間のたつのがどんどん早くなりますが、それにしても早すぎる今日このごろです。

    何かの本で読みましたが、小さいころ時間がたつのがすごく遅いように思えたのは心拍数が多いからで、大人になってだんだんと心拍数が減ってくると時間がたつのを早く感じるんだとか。ということは、スポーツを続けると心肺機能が発達して普段の心拍数が下がりますが、そうなるとますます時間が早くたつということでしょうか?

    続きを読むボタン画像

    DSC02511_2久しぶりに外飲みしたら、「ミヤモトさん海○蔵でコラムは、書かないんですか?」と何人かから言われました。

    確かに芸の肥やしを言い訳にヨメを含めていい女とやりたい放題、おまけに誰彼かまわず“にらみ”をかまして調子こいてた自称“人間国宝”がボコられたというのは、これ以上ないカタルシス!

    続きを読むボタン画像

    image022
    和田アキ子が睡眠導入剤常用告白に明菜ちゃん引退!?と一般のニュースは最近ぱっとしませんが、スノーボード界では、少し前になりますが上田ユキエちゃんガーデナで結婚式といううれしいニュースが入ってきました。

    続きを読むボタン画像

    img0945このシーズン、仕事場では甚平で過ごすことが多いので、ゴミ出しをしたりちょっとコンビニに行ったりするときに、近所で“何の仕事もしないで昼間からぶらぶらしている人”という視線を投げられることがよくありました。

    ところが、最近は本当に暑いので甚平もやめて上はハイテク速乾性のピチピチTシャツに、下は海パンというスタイルを多用しています。

    続きを読むボタン画像

    65あまりの暑さ毎日ぐだぐだしていたら友人のブレイヴ高橋さんから「せめてブログを更新しないと、生きているのか死んでいるのかわからない」とクレームをいただきました。

    大丈夫、生きてますよ〜〜

    続きを読むボタン画像

    _MG_3809恒例のグローバルセッション展示会に、神田DO’SのグルメBBQ、カーメイト・カヌー川下り、友人の誕生日会、ホームパーティ。さらに今週はミヤモトの古巣、京都のイメージサーフショップの同窓会と、もう6週間近く週末は飲んだくれです。

    飲みすぎた時のおしっこは、なぜか泡が多いように思いますが、これはやはり生ビールの飲みすぎによる泡なんでしょうか? 色といい飲んだ生がそのまま出ているとしか思えません。冷やせばたぶんビールとして飲めそうな感じです。

    続きを読むボタン画像

    835月に入ってから、なんかぼーっとすることが多くなりましたが、もしかしたら五月病ってやつでしょうか?あるいは内藤大介選手のようにパンチをもらいすぎたのか?勤労意欲が限りなくゼロです(*。*)

    「小学校の同窓会やるんやけど、けーへんか?」

    実家から徒歩50歩、幼稚園から大学までおんなじという地元の幼馴染から連絡があって京都に帰りました。

    続きを読むボタン画像

    このページのトップヘ