heavysnowker

スノーボードコラム | 読むだけで信じられない大金があなたのモノになる!!スノーボード界に奇跡を巻き起こす衝撃のミニコラム登場!!!

    ハロルド・ミヤモトの「電動スケベ椅子」

    ハロルド・ミヤモトの「電動スケベ椅子」タイトルロゴ画像

    20032048 「幹事長落ちた、民進党死ね!」でなにかとお騒がせの山尾詩織議員。通称ジャンヌ・ダルクと呼ばれているそうですが、たしか自民党の稲田朋美や自由党の森裕子、民進党の辻本清美もジャンヌ・ダルクって名乗ってませんでしたっけ? いったい政界に何人ジャンヌ・ダルクおるんや(笑)
    しかも実際のジャンヌ・ダルクは、19歳で火あぶりにされて処刑されてしまったそうです。19歳といえば広瀬すずちゃんや杉咲花ちゃんをアラフィフのおばはんが名乗っているようなもん、厚かましいというか正直気持ち悪いです。まぁ、結局 “火あぶり”ならぬ“火だるま”になってしまいましたが・・・真似したかったのそこですか!?

    今年の2月ぐらいだったか、カウンターに10人も入れば満席になる近所で馴染みの飲み屋さんに行ったら、場末では見かけないレベルの美人ネェちゃんが一人で飲んでいました。
    「私、大学生なんですけど、こんな雰囲気のお店で飲むのが夢だったんですぅ〜」とか言って、結構いい感じに酔っぱらっている様子。そのうち話も盛り上がってきて、
    「お住まいは近いんですかぁ〜」とか聞いてくるので
    「自転車で10分ぐらいかな、そういえば渡辺謙さんの家も近くにあって、たまにこのあたりでも飲んでるらしいですよ、もちろん会ったことないけど・・」
    「ホントですかぁ〜、私ファンなんです。そういえばミヤモトさんって雰囲気が渡辺謙さんに似てますよね!」
    と、お世辞でもうれしい事を言ってくれたのに、次の瞬間マスターや店にいた常連のオッサン、オバハン連中が一斉に、
    「いや、この人は人として最低ですから、そこ渡辺謙と真逆ですよ!」
    と、折角のいい雰囲気に水を差すヤジが飛んできて、その時は実に噴飯ものだったんですが、そんな風に言われていた渡辺謙さんも今となってはミヤモトと同じく「人として最低」の烙印を押されてしまい、すっかりこっち側(ダークサイド)の人になってしまいましたね。人生本当にわからないものですが、しかし謙さんの不倫がもう少し早くバレていれば飲み屋でみんなからツッコミをいれられることもなく、「俺の下半身もラストサムライだぜ」の決め台詞で “ひょっとしたら” もあったかもしれませんが、ま、それがよかったかどうかはわかりません、人間万事塞翁が馬ですね。

    謙さんに限りませんが、思い起こせば去年の「ベッキー、ゲス」騒動に端を発した不倫火災は収まるどころかますます業火となって、最近では中川俊直議員に斉藤由貴からダンテ・カーヴァーまで、政治家であれ芸能人であれ、顔や名前が売れている人を焼き尽くしている感がありますね。
    とくに驚いたのが、山尾詩織議員の逢瀬が週に4回との報道。友人のダンディ下田が「相手が変われば行けるかもしれんけど、同じ子やと、このペースはキツイっすね」と独特の見解を示していましたが、いずれにしても週4回の先発マウンドでは、高校球児でも肩を壊してしまうこと必至。同じくバットを振り続けた“不”倫太郎弁護士もあわせて、性欲の強さハンパない(笑)

    そんなやっかい性欲ですが、ネットで時々目にする「RULE 34」という言葉があります。「何事も、例外なくエロなしでは存在できない」という意味らしいですが、元々インターネットのルールとして存在して、ウエブ上ではどんな事でもエロに結び付けられ、誰もそれから逃れることができないことを指しているんだとか。
    なんか哲学的なようでもあり、よくわかりませんが、それだけエロは取り扱い注意ということなんでしょう。
    特に週刊誌に狙われるような公人や芸能人と呼ばれる人は、せっかく努力して得た社会的信用や職業、名声、家族までも一瞬にして失うリスクが分かっていながら、目の前の性欲に流されてしまう。ある意味、清原やASKAがやってたクスリと同じぐらい恐ろしいかもしれませんね。

    ところで最近、若いころにやっていたウインドサーフィンがまた楽しくなって、時々海に行っていて、夏ともなれば海水浴場もオープンしているので、風のない日は出艇エリアの近くの海水浴場まで歩いて、浜辺でのんびりビールを飲んだりしています。
    そこは海と堤防に挟まれた小さな砂浜なんですが、その堤防のところに座って一日中海をながめている、80歳は過ぎてるであろうお爺ちゃんが居ました。時々しか行かないのに必ず見かけるし、肌の色も真っ黒なので、おそらく毎日朝から夕方までそこに座っているんじゃないかと思います。
    「海ばっかり見ていて、よく飽きないな〜」とか友達と話してたんですが、その時ふと「自分は何十年も、子供のころに見たあの青い海と空を見ていないんじゃないか?」という思いがよぎりました。
    別に、「今年は記録的な雨で青空が少なかったから」とか、「深刻な地球温暖化と環境汚染で」とかそういう話ではありません。
    海や空を見ているようで、自分は水着のおネェちゃんのティツや、キャメルトーに視界を奪われ、青い海や空はまったく意識に入ってきていないということに気が付いたんです。
    充血した海綿 体が邪魔をして、オメ色のフィルターを通した景色しか見えていないじゃないかと。
    思えば中学生ぐらいから、すでに半世紀近く性欲に振り回される人生を歩んできました。「何事も、例外なくエロなしでは存在できない」ようやく少し理解できたような気がします。

    「このお爺ちゃんぐらいの年齢になったら性欲から解き放たれて、幼いころにみた本物の海と空の色をまた見ることができるのか、それとも・・・」
    そんなことを思ってお爺ちゃんを見ていると、愛想笑いのような笑顔を浮かべながら、その口元がかすかに動きました。距離があるので何を呟いているのか聞こえませんでしたが、その唇の動きから
    「・・わしだけが知っておる・・・・・」と、言ったように見えました。いや、絶対にそう言ってました。
    お爺ちゃんは、いったい何を知っているというんでしょうか!? 果たして彼の目には青い海と空が写し出されているのか、あるいは幾つになってもRULE34にはあがなえず、オメ色の海と空を見ながらニヤニヤしなければならないのか??

    謎だけが残る・・・そんな2017年夏でした。

    BBDvXRu今年は梅雨明けが早そうだといわれていますが、まだまだうっとおしい日が続いていていますね。天気が悪いと肩や頭が重くなったりしてスッキリしないのは、気圧の変化が影響していると聞いて「頭痛ーる」という気圧変化がグラフでわかるアプリをスマホに入れてみました。
    ま、これ自体はその時々の体調をメモできたり結構優れモノなんですが、結果自分の場合は気圧と体調変化はあんまり関係なくて、それより前日の酒量が影響していることに気がつきました。若いときはちょっとぐらい飲みすぎても朝にシャワーすればスッキリしてたんですが、それだけ身体と肝臓がポンコツになっているということでしょう(笑)

    さておき、昨日は将棋の藤井聡太4段が破れて29で連勝はとまってしまいましたね。ちょっと残念な気もしますが、デビュー以来勝ち続けていたわけですし、負けたことがニュースになるなんてすごい事です。よく考えてください中学も出ていないのに(笑)、名だたるプロ棋士や東大卒のトップアマも撃破。明晰な頭脳に加えてコメントも老成されているというか達観しているというか、人格者の一面すら垣間見えます。
    それにくらべて最近話題の大人はどうかというと、慶応卒の小出恵介や早稲田卒の稲田防衛大臣がやらかしたと思ったら、極め付けは「この、ハゲーーー!ちーがーう(違う)だろーーっ!」でおなじみになった豊田真由子衆議院議員。東大法学部から官僚、ハーバード大学院まで留学したのにこのパンクっぷり。学歴や年齢なんて人格形成に大した意味を持たないことがよくわかりました。
    おまけに、「この、バカーーー!」ならまだよかったのに「ハゲ」はまずかった。いったん離党はしたものの、ハゲ議連名誉総裁の菅官房長官や、党の重鎮・中曽根康弘大勲位はカチンときているに違いなく、おそらく彼らの目の黒いうちは復党できないでしょう。さらにマスコミ関係は「とくダネ!」の大物司会者や関西で著名な山本浩之アナ、「みんなのニュース」などのコメンテーターやくみつるも表面的には冷静を装っているように見受けられますが、内心の忸怩たる思いが伝わってきてマスコミも完全に敵に回したことがうかがえます。
    かくなる上は、地のドSキャラに振り切って国会にも黒のボンデージで登院なんてやれば、次回の選挙は無所属でも再当選でイケるんじゃないですか。得意技は言葉攻めと、後ろからの突き刺さるようなピンヒール攻撃。
    ときどき、池袋のSMクラブで女王様をやっている友人と飲みに行くんですが、議員さんをはじめ先生と呼ばれる職業の人や、大企業の重役、官僚など実力者にはドMや変態も多いといってました。様々な変態の話を聞きましたが、彼女の顧客の中にもヒールで股間を踏みつけられるのが大好きすぎて、ち○こが角質化して象の鼻みたいにかちんかちんになった某企業の社長さんとか、逆さまに縛られて肛門の中に直接ロウを垂らされるのが大好きな、政界関係者のお偉いさんとかおられるらしいです。そんな 「物事にはね、裏と表があるの!」の言葉を熟知しているマニアからはきっとあつい支持が得られること間違いなしです。ちなみに余談ですが、肛門の中に直接ロウをたらすと「ジュッ」という音とともにホルモンの焼けるような旨そうなにおいがするそうです(笑)
    あと自由党に鞍替えして森ゆうこ議員と女王様の2枚看板もいいかもしれません。党首の小沢さんみたいな強面の人のほうが実はM気質なんていうのも想像にかたくないですし、しぶしぶ一緒にやってるとしか見えない、ミナミの帝王・萬田はんの元舎弟をやっていた山本太郎議員よりは、よっぽど気があいそうですね。

    ともあれ2017年も半分を終わりましたが、今年は話題になった有名人にキャラの濃い人が多くて「号泣議員・野々村竜太郎」を輩出した2014年以来の豊作ではないかという人もいるようです。
    前出の藤井聡太4段や豊田真由子議員以外にも、卓球のチョレイ張本選手やトランプ大統領、籠池ファミリーに稀勢の里、小池知事にアニサキスと話題のキャラクターが目白押しですね。
    そんな中でもミヤモトの最近一押しキャラは、藤井フィーバーとともに脚光を浴びている「ひふみん」こと加藤一二三棋士。ここのところ連日テレビにも引っ張りだこのようですが、現役時代は相手方の背後にまわって盤面を見る「ひふみんアイ」という必殺技があったんだとか。自分も将棋は指さないんですが、次回マージャンをやるときにぜひ試してみたいですね「ひふみんアイ」(笑)
    以上、ショートコラムでした!

    owabi

    あと1週間もするともう4月。この春に進学や進級をする学生さんも多いと思いますが、昔から休みあけになると学校に来なくなる同級生っていましたよね。
    「はい、では出席をとります。狩野く〜ん、桂文枝く〜ん、石井竜也く〜ん、ショーンKく〜ん、乙武く〜ん・・・あれ?、みんなお休みで〜す」なんて4月からのテレビはそんな感じでしょうか(笑)
    それにしても、まさかの“ゲスの極み乙武” 嘘をつくとピノキオは鼻が伸びますが、かみさんに隠し事をしていた乙武くんは、嘘をつくたびに違う部分を伸ばしてたってことですか! しかも狩野英孝の6股を意識してかしないでか不倫相手5人いたと告白って!! 「おいおい五体不満足でも・・・」とか、「意外と 手 を出すのが・・・」などと突っ込みを入れたいところですが、乙武くん自身が言うところの“個性”が強すぎてかなりイジりづらいですね。逆に微妙な空気感だけが残ってしまって、これは本人にとってもおいしくないというか、頭かいて冗談の一つも入れてという着地ができません。
    それにしても、今年に入ってからまだ三カ月もたっていないのに不倫だの何股だのと次々とでてくるので、逆にこれからはこういうスタイルがスタンダードだと頭を切り替えていかないとだめでしょう。「不倫はけしからん」なんて言っている人は、今だにガラケーを使っているのといっしょで時代に乗り遅れています。有名人は週刊誌やマスコミにすぐ調べられるのでばれているだけで、一般人も推して知るべし。いまや日本は一年中ねぶた祭りの無礼講状態だと思っていたほうがよさそうです。

    もう1つ最近話題になっているのが、ショーンKさんの経歴詐称のニュース。結局学歴だけでなく、出生、プロフィール、さらには顔から日焼け、名前まで嘘だったじゃないかという事でさっそく自分のところにも、
    「ハロルドという名前も嘘だと思いますが、大丈夫ですか?」
    というようなおせっかいなメールが着たりして、えらいとばっちりです。
    言っときますがハロルド・ミヤモトがだめなら、アントニオ猪木やジャイアント馬場、ジャンボ尾崎はどうなるんですか? さらにスノーボード業界でも池下ジェシーや、バブルス丸山、チョコバニラボール新井、さらにはオハイオのライオグランデ大学を卒業もしていないのにライオと名乗っているレジェンドまでいます(笑)
    学歴詐称は、それがなければまず最初に「コメンテーターの仕事を依頼しようか」というとっかかりにならないので問題あるか思いますが、名前や鼻のプチ整形、日焼けサロンはどうでもいいんじゃないでしょうか。また、そんな重箱の隅をつついているコメンテーターの某漫画家も、自分の髪の毛は偽装しておいて人のことを偉そうに批判して問題ないのか?と思わず突っ込みをいれたくなります。
    それに、もしかしたら鼻が高くなっているのは整形ではなくて嘘をついていたからかも知れませんしね、もしそうだったら乙武くんと違ってこちらは正統派のピノキオです(笑)
    ま、どんな高邁(こうまい)な人間もたたけば嘘はでてくるもの、「人はウソをつく。罪から逃れるため。 懸命に生きるため。 ウソは真実の影・・」と東野圭吾さんも言ってます。

    以前何かの本で読んだアメリカの有名なサックス奏者のビリー・ティプトンなんか、もっとすごい嘘をついたまま一生を終えたそうです。
    ビリーには妻と子供(養子)もいたんですが、家族も友人も74歳で生涯を閉じるまで、ずっと隠していた「ある秘密」を知りませんでした。というのは誰もが男性だと思っていたビリーが、実は正真正銘の女性だったことが亡くなられた後で分かったからです。
    遺体を処理していた葬儀屋さんが、葬儀の直前に「あれこの人、女性じゃないですか!」と言い出して、周りにいた人たちが皆びっくりしたんだとか。また病弱だった奥さんも結婚して以来ずっと寝室を別にしていたので、まったく気が付かなかったと語っていたそうです。
    当時は女性のジャズ・ミュージシャンがほとんどいなくて、成功するには男でないと難しいと考えて男装して男として生きるほうがいいと考えたようです。また彼(彼女)は晩年胃潰瘍を患っていたのに、決して病院には行かなかったんだとか。ま、そんな秘密をかかえてたんじゃ胃潰瘍にもなりますね。
    結局その嘘は、家族やミュージシャン仲間、友人にも最後まで誰一人気づかれなかったんですから大したもんです。
    当時のアメリカにセンテンススプリングみたいな雑誌がなかったのもよかったですね。あったらバレて吊るしあげられて、「お詫びの言葉も見つかりません・・・」なんて涙の謝罪をしなければならなかったり、もしかしたらホラッチョ・ビリーなんて不名誉なあだ名を付けられて、ジャス界から抹殺されていたかもしれません。

    ところで、このコラムのハロルド・ミヤモトのプローフィール欄を見ると「モノカキスノーボーダー。元アイドルグループ「海綿隊」のヴォーカル。著作「間違いだらけのスノーボード選び・刑事編」、「ブスノート」など・・・」と記載があります。
    カラオケのレパートリーが2曲しかなくて、お世辞にも歌がうまいと言われたことのないハロルドが本当にヴォーカルなんてやっていたのか? そもそも「海綿隊」なんてふざけた名前のアイドルグループは実在したのか? 本を出したなんて聞いたことないうえに、ここ数年は年に1回ぐらいしか滑りに行ってないのにスノーボーダーを名乗る資格があるのか? という疑問の声も出ているようですが、このプロフィールの真偽はビリーよろしく棺桶の中まで持ってゆきたいと思います。

    以上、ハロルド・マクアードル・Mのコラムでした!!

    ito
    今朝SNSメールをチェックしてたら、先日高校の同窓会で会った女子の友人からメールがきていて、いきなり
    「子供できてるかもしれんで、、、どないすんねん?」
    という文字が目に飛び込んできました。

    続きを読むボタン画像

    smap
    SMAPの解散騒動もようやくおさまってきたようですね。彼らがデビューしたとき自分はすでに30代のおっさんでしたので、個人的にはそれほど強い思い入れはないんですが、それでもこのあと干されて10年後ぐらいに「薬物所持容疑で逮捕」だとか「あの人は今?」みたいな番組でうらぶれた姿を見るのは忍びないので、とりあえずよかったのではないかと思います。

    続きを読むボタン画像

    ze2

    事実婚だったアンジェリーナ・ジョリーが入籍して、名前がアンジェリーナ・ジョリー・ピットになったと聞いて、「おいおい苗字が重なってそれって品川庄司みたいなもんか?」と思ったら本名はアンジェリーナ・ジョリー・ヴォイドでジョリーは苗字ではなかったんですね。また1つ勉強になりました。

    まあそんな事はさておき、先日、元中学校の校長先生が12660人も買春していた「絶倫校長、現る!!」というニュースで日本中が騒然としましたね。キングオブ男優の加藤鷹さんや田淵正浩さんでも現役時代8000~9000人といわれていますから、いかにこの数字が突き抜けているかわかります。

    続きを読むボタン画像

    ダメよ〜ダメダメ

    悲惨な事故が多発して問題になっている脱法ハーブが、危険ドラッグという名称に変わりましたね。

    脱法という名称が、いまいち「悪いことをしている感」が薄いため消費者が手を出してしまうんじゃないかという意見があって、警察庁と厚生労働省が一般公募して決めたらしいですが、しかしこの名称「それじゃないでしょ感」が半端ないですね。

    消費者に危険性をアピールするはずが、まさかのトーンダウン。「母さん助けて詐欺」につづいてやっちまったってところでしょうか。

    続きを読むボタン画像

    アナと雪のボボ・ブラジル イメージ画像ご無沙汰してます、ハロルドです。さて今回、HEAVY SNOWKWERがリニューアルするということで久しぶりにコラムを掲載させていただきます。

    酒席なんかで「ミヤモトさん、最近コラムが更新されていないんですがどうしたんですか?」と聞かれることがあります。

    一部ネット上では死亡説や、「ASKAのように創作に行き詰っている」、あるいは「ゴーストライターと不仲になった」とか、「性欲がなくなって筆が進まず、おまけに小便の切れも悪い」など噂が広がっているようですが、実は今までもちょこちょこ書いてはいました。

    続きを読むボタン画像

    hounyounomise暦の上では秋に入りましたが、まだまだ残暑厳しい日がつづいてますね。いかがお過ごしでしょうか?

    こんな日はスノーボーダーなら雑誌を見たり、サマーキャンプに行っている友達のFACE BOOKやLINEを見て雪山の思いをはせながら暑さをしのいでるでしょうけど、自分の場合は主に「アサヒ芸能」や「週刊大衆」といったエ口系オヤジ雑誌の袋とじや、風イ谷情報で涼をとっています。

    続きを読むボタン画像

    1943978

    先日、近所のカウンターで飲んでいてマスターに「ハロルドさん、そういえばこないだお誕生日でしたよね、おめでとうございます!」と声をかけられました。

    「ありがとうございます」では、オチのない会話になってしまうので

    続きを読むボタン画像

    このページのトップヘ